マグネット広告を活用するメリット

マグネット広告を活用するメリット マグネット広告は一般的なチラシなどの広告とは異なり、色々なメリットがあるのが特徴です。
まず挙げられるのが紙媒体の広告とは違ってマグネット素材となっていますので、スチール家具や冷蔵庫などに貼り付けできるという活用法があります。
貼り付けできるという点ではシールの広告も存在していますが、このケースでは剥がした時に跡が付いてしまうのが特徴です。
しかしマグネット広告なら綺麗に剥がせますので、家具や冷蔵庫などにダメージを与えません。
そしてマグネット広告は様々なサイズで作成できるのが特徴ですので、用途に応じて使い分ける事が可能です。
例えば小さいサイズのマグネットならポスティング向けの広告として活用できます。
また大きいサイズのマグネットなら自動車に貼り付ける事が出来ますので、宣伝効果が期待できるという点もメリットです。
この場合屋外での使用となりますので、ラミネート加工などをしておくと雨などから守る事ができます。

マグネット広告の活用でのデメリットとは?

マグネット広告の活用でのデメリットとは? マグネット広告の活用には多くのメリットがありますが、その一方でデメリットの部分もある事を確認しておくのが必要です。
まず挙げられるのが、紙媒体の広告と比較するとコスト面で高くなるという点です。
紙とマグネットを比べるとやはりマグネットのほうがコストがかかりますし、同じ枚数をプリントした場合は紙よりも高くなるのが一般的です。
またマグネット広告は性質上どちらか一面だけのプリントとなる事が多く、宣伝できる面積が少なくなるのがデメリットとなります。
紙の場合は表裏両面に印刷できますが、マグネット広告はどちらか片面だけの場合がほとんどです。
しかし両面プリントのマグネットシートも作成できますので、時期やシーンなどに応じて表裏を使い分けるといった活用方法もあるでしょう。
そしてマグネットは、その素材的に新聞などの折り込み広告として利用できないのが不利な点かも知れません。
この場合は折り込み広告ではなく、ポスティングなどの活動となりますので人件費なども考慮する必要があるでしょう。